日本視覚障害者団体連合主催プログラミング講座をおこないました

9月17日(土), 日本視覚障害者団体連合(以下,日視連)が主催する視覚障害者を対象とするプログラミング講座が開催され, 教養学部情報科学科松本章代研究室がその講師を務めました。
都内にある日視連の会場と仙台にある本研究室をZoomで接続し,視覚障害のある方にリモートでプログラミングを体験してもらう初めての試みです。
今回は都内の盲学校に通う2名の高校生にご参加いただきました。
本研究室では全盲の方がプログラミングができるシステムを独自に開発しています。
受講者は点字を貼ったブロックを用いてプログラミングをおこないます。
今回は「バチが机をたたいて音を鳴らすロボット」を作成してもらいました。



写真提供:日本視覚障害者団体連合様

松本章代研究室では,視覚障害者を対象としたプログラミング教材について研究をおこなっています。
お問い合わせ先:
教養学部 情報科学科 松本章代研究室
akiyolab0 (at) gmail.com 【@の前はゼロです】